2022年5月23日

三菱マテ 鉱山開発案件が順調

 三菱マテリアルは、クリーンな銅精鉱の確保に向けた鉱山開発案件がおおむね順調に推移している。新型コロナ禍で一部遅延していたペルーのサフラナル鉱山開発プロジェクトは、環境認可を取得して2022年度中に最終投資判断する予定。チリのマントベルデ硫化鉱プロジェクトは24年の生産開始に向け建設工事がほぼ計画通り進む。クリーン鉱の確保と並行し、リサイクル原料(Eスクラップ)の集荷拡大や微量金属回収フローの最適化にも力を入れる。

おすすめ記事(一部広告含む)