2022年8月8日

Jマテ.カッパー 需要予測にAI活用へ

 銅合金メーカーのJマテ.カッパープロダクツ(本社=新潟県上越市、山本耕治社長)は5日、企業のDX導入を支援するINSIGHTLAB(東京都新宿区)と共同で需要予測AIシステム構築プロジェクトを8月から開始すると発表した。銅建値の変動による経営リスクを軽減して在庫を適正管理するのが目的。2023年中に約100トンの在庫削減を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)