2022年9月6日

Jマテ.カッパー 年1000時間業務削減へ

 銅合金メーカーのJマテ.カッパープロダクツ(本社=新潟県上越市、山本耕治社長)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進で2022年末に年間1000時間の業務工数削減を目指す。6月以降の取り組みで588時間の削減効果を確認。社内外文書のペーパーレス化や常時接続のウェブ会議システム活用、IT技術を持つ官民の外部組織と連携しながら、工数削減効果の上積みを図る。DX認定企業の取得も目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)