2022年9月16日

プリファードとENEOS 希土類3元素に新規対応

深層学習スタートアップのプリファードネットワークス(本社=東京都千代田区、西川徹社長)とENEOSは16日、共同開発した汎用原子レベルシミュレータの最新版の提供を開始したと発表した。対応元素が現行の55元素から希土類(レアアース)3元素などを含めた72元素に拡大。材料開発のシミュレーション精度が向上した。

おすすめ記事(一部広告含む)