2022年10月3日

銅建値115万円 鉛33万6000円 亜鉛49万円



JX金属は3日、10月積み銅建値をトン2万円高の115万円に改定したと発表した。指標となった現地30日のロンドン金属取引所(LME)銅現物セツルメント(前場売値)は7647ドルと前回建値改定時から201ドル上昇。3日の東京為替相場(TTS)は1ドル=145・89円で0・87円の円安だった。

LMEのロシア産金属取引禁止懸念や欧州の電力価格高騰による供給懸念から、非鉄全般が足元強含む。





三菱マテリアルは3日、10月積み鉛建値をトン1万8000円高の33万6000円に改定したと発表した。指標となった現地30日のLME鉛現物セツルメントは1889ドルと、前回建値改定時から87ドル上昇。3日の東京為替TTSは1ドル=145・89円で、0・87円の円安だった。

亜鉛

三井金属は3日、10月積み亜鉛建値をトン2万7000円高の49万円に改定したと発表した。

指標となった現地30日のLME亜鉛現物セツルメントは2986ドルと、前回建値改定時から42ドル上昇。

3日の東京為替TTSは1ドル=145・89円で、0・38円の円安だった。
おすすめ記事(一部広告含む)