2022年11月15日

非鉄製錬大手8社 通期利益4社下振れ

 非鉄製錬大手8社の2022年4―9月期決算が出そろい、半数の4社が23年3月期の利益見通しを下方修正した。資源・製錬事業では円安進行による増収効果やプラスの在庫影響が上期に大きく出たものの、電力・燃料をはじめとするコスト上昇などから下期は想定よりも利益が下振れすると予想する会社が多い。電子材関連事業では、中国のゼロコロナ政策を背景としたスマートフォン向け需要の落ち込みが目立っている。
おすすめ記事(一部広告含む)