2022年12月12日

国際錫協会 新規増産年5万トン必要

 国際錫協会(ITA)はこのほど、錫増産プロジェクト「TIN2030」の概略を明らかにした。電子機器用のはんだに加え、太陽光発電やEV(電気自動車)向けで中長期的な需要拡大が見込まれる中、2030年までに年産5万トン分の新規増産を立ち上げる必要があると予想。そのための投資額は14億ドル(約1900億円)と見積もっている。





おすすめ記事(一部広告含む)