2023年1月18日

溶融亜鉛めっき エネ高騰未転嫁深刻

溶融亜鉛めっき業界においてエネルギーコスト問題が深刻化しそうだ。めっき浴槽の温度維持などに必要な電気・ガス料金が大幅に値上がりし、高止まりする亜鉛原料価格に加えてめっきメーカーの採算を圧迫。エネルギーコストが加工賃(ロールマージン)に転嫁された前例も乏しく、苦境に立たされている。今年はこの業界体質を打開できるかが、持続的経営の実現を見通すポイントになりそうだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)