2023年1月19日

YKKAP アルミリサイクル率100%の30年実現目指す

 YKKAPは循環型経済の実現に向けて、社外で発生するアルミ端材なども含めて2030年のアルミリサイクル率100%を目指す。これまでの80%の達成目標を引き上げる形だ。国内4拠点のアルミ鋳造炉の更新も寄与するとみている。一方、商品への再生アルミの使用比率を引き上げることで、コストアップや市中スクラップの不足に関する懸念の声も聞かれる。
おすすめ記事(一部広告含む)