2023年3月30日

住友電工 ソフトバンクと5Gスマート工場で協業

住友電気工業は29日、ソフトバンクと第5世代通信規格(5G)を活用したスマート工場の実現に向けて協業すると発表した。ソフトバンクが同日提供を開始した法人向け5Gマネージドサービス「プライベート5G」対応型の産業用5G端末として、2024年の提供をめどに開発を進める。独自技術の人工知能(AI)による映像圧縮・解析ソリューションなどを活用した生産現場のDX化にも取り組み、住友電工グループをはじめとする工場の生産性向上を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)