2014年8月7日

米ピーボディ 豪州の原料炭、年150万トン減産

 米石炭大手のピーボディ・エナジーは5日、豪州クイーンズランド州の原料炭鉱、バートンで原料炭を年間約150万トン減産すると発表した。高コストの炭鉱で現在の市場環境では持続できないという。コスト削減を狙い70ドル台前半から半ばとしていた年間の豪州炭平均コストはトン70ドル(約7200円)台の前半に低下すると見ている。7―9月の金利・税・償却前の利益は1億5000万―2億ドルと7月時点から1000万ドル上方修正した。年間の豪州炭販売は100万トン減量し、原料炭で1500万―1600万トン、豪州炭全体で3400万―3600万トンとした。
おすすめ記事(一部広告含む)