2017年3月3日

米商務省、鉄筋ADクロ仮決定

 米商務省は1日、日本、台湾、トルコ製鉄筋輸入に対するアンチダンピング(AD)調査で、不当廉売の兆候があるとする仮決定を下した。ADマージンは日本製が209・46%、台湾製が最大29・47%、トルコ製は最大7・07%と仮決定した。米税関国境警備局を通じて預託金を徴収する。

おすすめ記事(一部広告含む)