2018年12月13日

Aミッタル、欧州輸入材に環境規制を当局に導入要請

 鉄鋼最大手のアルセロール・ミッタルは11日、欧州に輸入される鋼材に、欧州連合(EU)域内排出量取引制度(ETS)の規制を受ける欧州製の鋼材同様の二酸化炭素(CO2)基準を適用する、グリーン・ボーダー調整を導入するよう欧州当局に要請した。輸入材がCO2基準に満たない場合は輸入業者が埋め合わせるよう求めている。効果的な温暖化対策を促すとともに、欧州鉄鋼業の競争力が損なわれるのを防ぐ効果があるとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)