2014年6月16日

Aミッタル リベリア鉄鉱石2期工事 輸送用機関車を増強

 鉄鋼最大手のアルセロール・ミッタルは12日、リベリアの鉄鉱石開発2期工事用に発注した輸送用機関車6両がブキャナン港に8日到着したと発表した。米ゼネラル・エレクトリック製の機関車は組み立て、試験を経て、鉱山から港までの輸送路に投入。鉄鉱石年産500万トンを2015年以降1500万トンに拡大する2期工事に合わせて、現在の機関車3両体制を9両に拡大する。

おすすめ記事(一部広告含む)