2019年5月28日

ウジミナスが高炉改修 イパチンガ、22年までに335億円投資

 日本製鉄の持ち分法適用会社で伯鉄鋼大手のウジミナスは27日、12億3400万レアル(335億円)をかけてイパチンガ製鉄所の第3高炉を2022年までに改修すると発表した。3基中最大の内容積3163立方メートルの高炉は通常操業を続け、21年央に改修に入る。

おすすめ記事(一部広告含む)