2021年12月20日

エネ・炭素価格高騰に対処を 欧州鉄鋼協会、EUに要請

 欧州鉄鋼協会は16日、異常に高騰したエネルギーコストと炭素価格によって欧州連合(EU)の鉄鋼業の脱炭素化の動きが損なわれかねないと警鐘を鳴らした。炭素の取引価格はトン80ユーロ(1万300円)を上回っており、鉄鋼業の野心的な脱炭素の動きが危機を迎えていると強調。欧州理事会前に発信し、脱炭素目標がコスト効率的に達成されるようEU当局に行動を促した。

おすすめ記事(一部広告含む)