2010年2月25日

共英製鋼、ねじ節鉄筋「新機械式定着工法」開発 大幅に時短

 共英製鋼は23日、ねじ節鉄筋(タフネジバー)に使用する、新たな機械式定着工法「タフナット工法」を開発したと発表した。定着板一体型のナットを嵌合鋼線(ばね)を介し取り付けることで、樹脂材不使用での現場後付け施工を可能とし、鉄筋定着の大幅な時間短縮とトータルコストの削減、産業廃棄物の未発生を実現。

新製品・新技術 タフナット工法は、鉄筋コンクリート(RC)構造物の柱、梁、スラブ、壁、深礎などのせん断補強筋や、中間帯鉄筋、主筋などの定着に使用。タフネジバーにばね、定着板一体型のナットをねじ込み式で現場装着する。同工法の特長は(1)鉄筋定着部の工場加工が不要で、施工現場での取り付け作業のみとなる(2)定着部の小型化で、過密配筋による施工性の悪さ、コンクリート充填性が改善(3)樹脂材の注入が不要で、施工時の汚れや注入容器の産業廃棄物が発生しない――など。

 従来の鉄筋端部を半円状に曲げる工法や、定着板の工場取り付けけ、樹脂材を用い現場で後付けする工法の課題を解消し、施工性や運搬性、環境負荷の低減などにもつなげている。

おすすめ記事(一部広告含む)