2015年4月9日

明道メタル、板厚0・5ミリ未満の極薄二相ステンレス開発 SUS304代替期待

 総合ステンレス加工メーカーの明道メタル(本社=新潟県燕市、吉村陽三社長)は、板厚0・5ミリ未満の極薄二相ステンレス「MSS2120」を開発し、8日から始まったメタルジャパンで初展示した。価格安定性、高強度、高耐食性に優れ、SUS304の新たな代替材として需要家ニーズに対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)