2020年4月28日

リンシュンドウ、新ファイバーレーザー発売 平板・パイプ1台で対応

 レーザー加工機のシステム開発・製造・販売・修理業務および印材・印鑑・彫刻機関連用品卸売りなどを手がけるリンシュンドウ(本社=岐阜市、林栄二社長)は、サンマックスレーザーのブランド名で製造、販売するレーザー加工機の新製品として、炭素鋼、ステンレス、アルミなどの平板と丸・角パイプの加工が1台で行えるファイバーレーザー加工機を開発し、昨年から販売を開始している。既に2基の販売実績をあげており、今年度は5基の販売を目指していく。

おすすめ記事(一部広告含む)