2009年1月7日

鉄スクラップ、輸出2年連続減少 08年見通し

 鉄スクラップ輸出量が2年連続で減少する見通しとなった。2008年1―11月の輸出量は約505万トンで、08年の輸出量は550万トン程度にとどまり、07年の644万7000トンを100万トン程度下回ることになりそうだ。

 年初から夏まで内需が増加傾向をたどったことや、秋以降、主要輸出先である韓国の購入量が大幅に減少したことなどが背景にある。

おすすめ記事(一部広告含む)