2009年1月16日

東京地区のSTK、弱ムードが支配

 一般構造用鋼管(溶協品、STK)は、弱含み。現行はベースサイズ(STK400、48・6×2・3ミリ)で、トン当たり14万1000円どころで推移しているが、数量のまとまった取引では安値が散見されている。

おすすめ記事(一部広告含む)