2009年1月20日

東京地区の一般形鋼、いぜん軟化傾向

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン9万4000円、溝形鋼が5×50×100で9万9000円と、いぜん下落ムード。9万円程度の取引も増えており、メーカーの5000円値下げを受けて、市況はさらに軟化する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)