2009年4月1日

東京地区の一般形鋼、下落局面続く

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン8万3000円、溝形鋼が5×50×100で8万8000円どころで下落局面。メーカーの1万5000円値下げをきっかけに軟化傾向が強まり、H形鋼などの他の建設用鋼材市況に引っ張られる格好で、なお下値に寄りつつある。
おすすめ記事(一部広告含む)