2009年1月22日

鉄スクラップ、東京2万円台に回復 大阪でもジリ高推移

 国内鉄スクラップ価格(H2)が東京で約3カ月ぶりにトン2万円台に回復した。輸出価格が地場電炉の水準を上回っていることなどが要因。電炉減産幅が対前年同月で50%を超える大阪でも、市中の荷動き停滞により、昨年末から継続していた入荷制限を緩和するメーカーが出始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)