2009年1月23日

大阪地区の溝形鋼、ジリ安で推移

 溝形鋼はジリ安推移が続いており、トン当たり9万7000円(ベースサイズ、置き場渡し)どころに値下がりした。 大阪製鉄などメーカーが2月販価を据え置いた影響で、相場の下落傾向が徐々に落ち着くとみる関係者が多い。

おすすめ記事(一部広告含む)