2009年1月28日

東京地区のNi系ステン冷薄、下げ止まり気配

 ニッケル系ステンレス冷延薄板は年明けからの荷動きが相変わらず低迷する中、SUS304ベースサイズはトン当たり35万―36万円どころとなっており、一部で下げ止まりの気配も見える。ただ、全体に底入れしておらず、先行きもジリ安推移が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)