2009年1月30日

ステンレス冷薄、Ni・Cr系とも下落

 東京地区のステンレス冷延薄板市況は、ニッケル系、クロム系ともに下落した。SUS304ベースサイズはトン当たり35万円どころ、SUS430ベースサイズは同25万―26万円どころ。原料価格の先安を見込んだ売りと、在庫を早く処分したい思惑が絡み、ジリ安展開となっている。市況は当面、底が見えない状況が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)