2009年2月19日

1月全国粗鋼、40年ぶり低水準637万トン

 日本鉄鋼連盟が18日発表した1月の全国粗鋼生産量は前年同月比37・8%減の637万1000トンで、69年2月以来、約40年ぶりの低水準に落ち込んだ。4カ月連続の前年割れで、減少率は記録の残る49年1月以降、昨年12月の27・8%を上回り最大。炉別では電炉鋼、鋼種別では特殊鋼がそれぞれ5割弱の大幅減産となった。
おすすめ記事(一部広告含む)