2009年3月17日

関東地区、H形8万円に下落

 関東地区のH形鋼市況は今週にかけて、ベースサイズでトン8万円と3000円方下落した。新日本製鉄が販売価格を据え置いたが、東京製鉄の5000円値下げを受け、需要家の下げ圧力が強まりそうだ。

 引き合いが低調ななか、いぜん買い手優位の展開で、下落基調はしばらく続く見通し。また、一般形鋼も3000円方下落し、等辺山形鋼は8万5000円、溝形鋼は9万円が実勢化した。

おすすめ記事(一部広告含む)