2009年7月9日

高炉線材輸出、数量に回復の兆し

 7―9月積みの高炉線材輸出は数量面で回復の兆しが出てきた。メーンの自動車関連ではトン当たり1万5000円程度とされるトヨタ自動車向けの支給材価格引き下げに合わせて輸出もトン150ドル程度の値下げを軸に交渉が進んでいるが、中国の需要は底堅いとされており、タイを中心に東南アジアでも回復。米国の自動車関連需要の動向にも明るい材料が見え始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)