2009年7月13日

薄板需給、タイト感強まる

 薄板需給にタイト感が強まっている。一部ミルでは鋼種によって7―9月積み輸出のオファー止め、店売り市場での数量・納期調整を行っている。輸出の増加、在庫調整の進展に伴う電機や自動車の生産回復、ドラム缶需要の増加、店売り市場での在庫補充などから申し込みが増え、大幅な減産体制を敷く高炉メーカーのロール余力が少なくなっているためだ。

 ただ、一時的な状況ともいえ、先行きはなお不透明。高炉メーカーは「需要の回復は分野によってまだら模様。薄板需要が本当に底を打ったかまだ見極めきれない」と慎重な構えを崩していない。

おすすめ記事(一部広告含む)