2021年6月11日

ときわ会5月末 H形鋼在庫1.7%減、20万3300トン タイト感強まる

日本製鉄によると、形鋼扱い流通で構成する「ときわ会」のH形鋼の5月末在庫量は前月比1・7%減の20万3300トンとなり、2カ月連続で減少した。5月は大型連休があり、稼働日数が少なかったため、出庫が前月より減ったものの、それ以上に入庫が減少し、在庫減につながった。日当たりの出庫量は前月を上回った。市中の荷動きについては3月をボトムに最悪期を脱し、「堅調な需要が続いてる」(建材営業部)と認識。流通の慎重な姿勢から申し込み抑制が続き「幅広い分野で需給は締まり、タイト感が強まっている」(同)。形鋼をはじめ各種鋼材の国内外の市場や、高位にある原料価格と合わせて、タイトな需給動向を注視する方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)