2009年7月13日

東京デーバー、異形棒3000円超値上げへ

 合同製鉄と東京鉄鋼の小棒共販会社、東京デーバー・スチール(西村勇二社長・合鉄常務)は、8月契約分から1年1カ月ぶりに異形棒鋼の販売価格を引き上げる見通しだ。原料鉄スクラップ価格の上昇により、電炉各社は月次ベースで赤字に陥る可能性が高まっている。東京デーバー・スチールはすでに取引先の商社や鉄筋加工業者に対して値上げを打診。上げ幅は今のところ未定だが、最低でもトン当たり3000円以上になる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)