2009年7月15日

東京地区のH形鋼、荷足鈍化 弱含み

 H形鋼は200×100でトン7万円で弱含み。荷動きは一段と鈍化しており、流通は販売量確保のために価格を引き下げて取引しているケースもある。原料の鉄スクラップ価格が上昇しているものの、市況のジリ安基調は続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)