2009年7月16日

住金小倉のタイCHワイヤ拠点、品質改革に取り組む

 住友金属小倉が80%出資する97年設立のタイの冷間鍛造用(CH)ワイヤと磨棒鋼製造拠点のスチール・プロセッシング社(SP社、稲葉眞一社長)は、取得済みのISO9001や自動車版のISO/TS16949に加え、4月末に取得したISO14001環境対応も活用し「品質風土改革」に取り組んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)