2009年7月21日

山陽特殊製鋼、電炉スラグ品質向上

 山陽特殊製鋼は、電気炉スラグ製品の品質向上を図るため、加圧式蒸気エージング設備を導入した。国内初の1メガパスカルの高圧処理能力を持ち、処理時間の短縮が図れるほか、粒度の細かいスラグに対しても、粒子間に蒸気が浸透するなど、高い処理能力を実現。

 今後は社内で発生する電気炉スラグの全量を同設備で処理し、安定品質で信頼性の高い電気炉スラグ製品の供給をめざす。

おすすめ記事(一部広告含む)