2009年7月22日

全国粗鋼生産、41年ぶり低水準 1―6月

 日本鉄鋼連盟が21日発表した2009年上期(1―6月)の全国粗鋼生産量は前年同期比40・7%減の3669万トンと、暦年半期として過去最大の減少幅を記録し、上期としては68年以来、41年ぶりの低水準に落ち込んだ。

 6月単月の生産量は前年同月比33・6%減の689万トンと9カ月連続の前年割れとなったが、前月比では6・3%増と2カ月連続で増加し、緩やかながら大底からの回復が続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)