2009年7月22日

新日化の開発材、JAXA宇宙実験試料に採用

 新日鉄化学(二村文友社長)は21日、同社が開発した「シロキサン変性ポリイミドシートBSF―30」が、JAXA(宇宙航空研究開発機構)による宇宙材料曝露実験試料に採用され、16日に打ち上げられたスペースシャトル「エンデバー」でISS国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟へ送られたと発表した。

 今回の実験は人工衛星などで使用される材料の開発・評価が目的。宇宙ステーションなどが周回する高度400キロメートル域という比較的低い領域に存在する原子状酸素への耐性を宇宙空間で検証する。

おすすめ記事(一部広告含む)