2019年12月20日

日本製鉄 日鉄防食のチタン箔防食工法、種子島宇宙センターで採用

 日本製鉄は19日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターの一部に、グループ会社の日鉄防食(本社=東京都江東区、萬ヶ谷鉄也社長)のチタン箔による防食工法が採用されたと発表した。耐食性に優れるチタン箔シートを施工箇所に貼り付け、その上から塗装を行う複合施工。腐食防止とともに、メンテナンスの省力化とライフサイクルコストの低減も見込む。今後は、鉄塔の腐食対策などへの採用も期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)