2009年7月24日

東京地区の一般形鋼、需要低迷 弱含み

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン7万―7万1000円、溝形鋼は7万5000―7万6000円で弱含み。メーカーが3000円値上げしたものの、需要の低迷で流通が転嫁するのは困難な状況。7万円を割り込む取引も散見され、しばらくはジリ安基調が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)