2009年7月17日

東京地区の一般形鋼、需要減で安値増

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン7万―7万1000円、溝形鋼は7万5000―7万6000円で弱含み。荷動きは引き続き低調で、取引先からの値下げ要求は続いている。一部に仕入れ値で販売する流通があり、下値に引っ張られてジリ安基調が続く見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)