2009年7月24日

大阪地区のコラム、ジリ安基調続く

 コラムはBCR、STKRともに10万3000円(トン当たり、12×350×350サイズ、置き場渡し)どころでジリ安の展開となっている。 引き合いは大きく落ち込んだ状態が続いており、今後も回復する見通しは薄いとみる向きが多い。

おすすめ記事(一部広告含む)