2009年7月29日

神戸製鋼、水素精製で新プロセス

 神戸製鋼所は、コンパクトで起動・停止特性に優れた新しい水素の精製プロセスを開発した。COを選択的に除去する吸着剤と水素吸蔵合金などの独自技術を組み合わせた水素精製・貯蔵プロセスで、大規模な水素ネットワークを構築せずに純水素の供給が可能。燃料電池の普及が見込まれる2015年に向けて開発を加速し、集合住宅用の燃料電池システムや小型水素ステーションなどへの適用を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)