2009年8月14日

大阪地区の建材、反発には力不足

 大阪地区上半期の建材(H形鋼、異形棒鋼、コラムなど)市況は、引き合いの停滞が流通間の販売競争を激化させ,ジリ安推移が続いた。各品種の現行価格はH形鋼が年初比2万円安の6万7000円(ベースサイズ)、異形棒鋼が同2万2000円安の5万6000円(直送、ベースサイズ)、コラムが同4万5000円安の10万円(BCR、ベースサイズ)どころ。
おすすめ記事(一部広告含む)