2009年9月29日

東京地区のナマシ鉄線、様子見の展開

 ナマシ鉄線は横ばい。市中価格は4ミリがトン当たり14万3000円中心。鉄鋼の輸出比率が増えていることから鋼材結束向けの出荷が比較的に堅調とする向きもあるが、前年の水準には届かず需要は低迷している。輸入線材価格の下落基調や東京製鉄の10月販売価格据え置きなどを受け、様子見の展開が続くとみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)