2009年11月12日

普通鋼電炉16社、全社減収 損益で明暗

 普通鋼電炉メーカー16社の2009年9月中間期(連結10社、単独6社)の業績が出そろい、全社が減収、経常ベースで共英製鋼など7社が増益、東京製鉄など5社が減益、トピー工業、JFE条鋼、ダイワスチール、住金スチールの4社が赤字となった。

 鋼材販売数量の減少に加え、鋼材販売価格の下落に直面したが、異形棒鋼を主力とするメーカーは健闘。鉄スクラップが前年同期比トン3万2000―3万6000円(40%超)値下がりしたことも利益を押し上げた。経常利益を上げた12社の売上高経常利益率(ROS)は10・8%と2ケタに回復。10年3月期の見通しは、13社が減収、経常ベースで11社が減益、豊平製鋼が増益、住金スチールが赤字見込みで、JFE条鋼など3社は公表を見送った。

おすすめ記事(一部広告含む)