2010年2月3日

五大産業、自動車向け賃加工拡大

 五大産業(本社=大阪市中央区)は今下期(2010年1―6月)、売上高で上期比33%増の16億5400万円、経常利益で同88%増の2億2700万円をめざす。

 薄板加工量は同32%増の1万7300トンを計画している。鈴鹿地区の自動車向けの加工を増やすとともに、昨年稼働したミニレベラーの切板受注を強化する。海外では中国の鋼材販売会社「五大商貿北京有限公司」での営業、貿易を増やしていく。

おすすめ記事(一部広告含む)