2010年2月4日

高炉5社、1-3月 全社黒字

 高炉5社の2010年3月期の連結業績予想が3日出そろったが、経常損益ベースでJFEホールディングスが400億円、新日本製鉄が100億円の黒字をそれぞれ維持するものの、住友金属工業が10期ぶり、神戸製鋼所は8期ぶりの赤字にそれぞれ転落し、日新製鋼は2年連続の赤字となる見通しとなった。住友金属を除く4社が10―12月期までに黒字転換し、1―3月期は5社ともに黒字を見込む。

 ただ米リーマンショック後の急激な鉄鋼需要減退の影響で、とくに4―6月期の赤字幅が大きく、通期は5社そろって前期比で大幅な減益となる。配当は住友金属のみが中間、期末ともに実施し、4社は期末配当のみとなる予定。

おすすめ記事(一部広告含む)