2010年2月8日

丸一鋼管、天津に生産拠点 年末稼働

 丸一鋼管は中国の天津市に鋼管工場を開設し、年末から生産を開始する。中国の生産拠点としては2拠点目。中国の持ち分適用会社の「丸一金属制品(佛山)有限公司」(略=MMPF)が昨年11月に100%出資の子会社「丸一金属制品(天津)有限公司」(略=MMPT、執行董事=堀川大仁・丸一鋼管副社長)を設立、工場開設を進めているもので、第1期計画は造管機1基、切断機2基を導入する。

 鋼管の生産能力は年間1万2000トンで、中国国内と海外の鋼管需要に対応する。将来は第2期計画として造管機1基、スリッター1基、切断機6基を追加する。

おすすめ記事(一部広告含む)