2010年2月10日

東京地区のNi系ステン冷薄、上伸には力不足

 ニッケル系ステンレス冷延薄板は横ばい。半導体関連需要が回復したことで、荷動きは昨秋より幾分好転しているが、企業の設備投資が低調で建材需要も低迷し、流通の出荷量は通常比6―7割程度で推移している。SUS304ベースサイズはトン31万円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)